Scratchとは?

Scratchってなに?

スクラッチ「Scratch」は、ビジュアルプログラミング言語の1つです。

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロングキンダーガーテングループによって開発されました。Scratchを使えば、自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができます。さらに、できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有できますので自分の作品を多くの人に発表したり、他の人の作品から学んだりすることができます。

コンピュータプログラムを作成する能力は、現代社会で必要なリテラシーにおいてとても重要な位置を占めています。Scratchは、子供達たちがクリエイティブに考え、体系的に判断し、協調して活動することを学ぶための手助けをします。これらは、これからのIT社会を生きるために欠かすことのできないスキルです。

コンピュータプログラムを作成する能力は、現代社会で必要なリテラシーにおいてとても重要な位置を占めています。Scratchは、子供向けにデザインされています。世界中で何百万人もの人が、自宅や学校、博物館、美術館、図書館、公民館、コミュニティセンターなど、とても幅広い場所でScratchプロジェクトを作っています。

直感的に操作できる

幼児からの都筑ふれあいの丘プログラミング教室 Scratch

Scratchでは難しいコードを書く必要がないビジュアルプログラミング言語ですので、必要な操作はドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみで子どもが簡単に使いこなせるようになっています。 ブロックをジグソーパズルのようにつなぎ合わせるだけで、ゲームやアニメーション、インタラクティブな作品をつくることができます。

教育者からも絶大な支持を集めている

幼児からの都筑ふれあいの丘プログラミング教室 Scratch

Scratchは、これからの社会を生き抜くために不可欠なスキルである創造的な思考力論理的思考力協調性を楽しく簡単に学べるように設計されています。

Scratchは、NHKのEテレで放送中の番組Why!?プログラミングでも採用されています。

都筑ふれあいの丘教室のロボット初級コースの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です